[KAKOMIレシピ]蒸し野菜 × バーニャカウダソース

できるだけ野菜そのものの栄養価を摂りたいなら、蒸し調理がおすすめです。 特にビタミンCの損失が少なく、生だと一度に食べきれない量も、 蒸すことで甘さが加わり、食べやすくなります。自家製バーニャカウダソースと一緒に食べれば、 野菜を食べる愉しみが広がります。
画像
画像
画像
画像
画像
蒸し野菜
材料(4人分・KAKOMI IH土鍋2.5L)
水 800ml / 旬のお好きな野菜(カボチャ 1/4個 / 人参 1本 / サツマイモ 1本 / ベビーキャロット 6本 / プチトマト 6個 / 白菜 1個 / 紫玉ねぎ 1個 / 紫キャベツ 1/2玉)

下準備
*葉野菜は手でちぎり、根菜は4センチ角の食べやすい大きさに切る。

作り方
1. IH土鍋に水800mlを入れ、沸騰したら、すのこをセットし、火の通りにくい根菜から順に下に敷き詰める。
2. 蓋をして、中火で15分蒸して完成。
*火の通りやすい葉野菜は、時間差で後から入れるなど、お好みで調整してください。
バーニャカウダソース
材料(4人分・KAKOMI バーニャカウダポット)
生クリーム 1パック(200ml)/ アンチョビフィレ 4切れ

作り方
1. 小鍋を用意し、アンチョビフィレを弱火でとろけるまで炒める。
2. 生クリームを入れて煮詰め、沸騰直然で火を止めたら完成。バーニャカウダポットへ移す。