産地の特徴を活かした3つからなるCERAMIC LAB

CLK-151,152は長崎県波佐見町で砂岩土をベースにつくられており、 CLK-161は岐阜県多治見町でつくられ独特の風合いの釉薬が特徴的。

PRODUCT CATEGORY

CLK-151

硬質な磁土を生かし、切り出した石のようなすっきりしたエッジが印象的な器。

MOVIE

LINE UP

CLK-152

底面積を広く取った安定感のあるフォルム、しっかりとした厚み、ほどよい重さ、それぞれの要素を重視しデザインされた器。

LINE UP

CLK-161

表情が豊かな釉薬が引き立つ磁器製のマットは3サイズ展開です。

LINE UP